ひざサポートコラーゲンを摂取することによる効果とは

膝関節に良いとされるサプリメントはたくさんありますが、その中でもひざサポートコラーゲンは臨床試験を行い、機能性表示食品として発売されています。

臨床試験の結果、ひざサポートコラーゲンの効果はどのようなものだったのでしょう。

《効果があったもの》

ひざサポートコラーゲンの臨床試験は、膝関節に不安を感じている男女29人を対象に行われました。

期間は16週間です。

15人にコラーゲンペプチドを含むサプリメントを、残り14人にはプラセボ(偽薬)を摂取してもらいます。

4週間を経過した頃から膝の曲げ伸ばしが楽になってきたという人が出始め、8週間で多くの人が良い変化を感じました。

プラセボ群はほとんど変化がなかったのです。

《効果がなかったもの》

ひざサポートコラーゲンの臨床試験で、効果がなかったものもありました。

それが膝関節の痛みや歩行、階段昇降能はあまり改善されなかったのです。

この結果より、ひざサポートコラーゲンの効果は膝関節の動きを助けるものであることがわかります。

痛みを取ったり、関節の機能が向上することはありません。

《ひざサポートコラーゲンを摂り始めるタイミング》

臨床試験の結果から、膝関節の動きを助ける効果が上がることがわかりました。

このサプリメントを摂り始めるのは、痛みが出てくる前からが良いでしょう。

40代になると、体力や筋力が衰えてくるのを自覚し始めます。

この頃からひざサポートコラーゲンを飲み始めることで、年齢を重ねても膝が楽に動かせるようになっているかもしれません。

早めに摂取をし始めることをおすすめします。

また、膝の痛みを予防する方法を知っておくのも良いかも知れません。

※詳しくはコチラ…膝の痛みを改善するエクササイズと予防法 | 女性の美学