ひざサポートコラーゲンの成分、ヒアルロン酸の特徴について

ひざサポートコラーゲンの成分を見ていると、コラーゲンペプチド、ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸などが含まれています。

ヒアルロン酸といえば化粧品というイメージがありますが、膝関節にはどんな効果が期待できるのでしょう。

《ヒアルロン酸とは》

保湿作用があり、肌のシワや乾燥に効果があるものとして有名です。

ヒアルロン酸は皮膚や関節といった体の様々な組織に存在するもので、たんぱく質とくっついて組織や構造の維持と保護に役立っています。

また、細胞のすき間を埋めるので関節の摩擦を和らげる効果があるとされています。

《膝にもヒアルロン酸が必要》

ヒアルロン酸もコラーゲンやコンドロイチンと同じように加齢とともに減っていきます。

赤ちゃんの肌はヒアルロン酸でいっぱいでプルプルしていますが、老人はシワができて張りがありませんよね。

膝が痛むのも、関節の関節液に含まれるヒアルロン酸が減ってくるからなのです。

ヒアルロン酸がたっぷり含まれていると、クッションのようになるので痛むことはないのです。

整形外科で、膝にヒアルロン酸注射をするのはそういったことからなのです。

《ヒアルロン酸を摂ろう》

ヒアルロン酸を多く含む食べ物はありますが、いくらたくさん食べても分子が大きいため十分な量が吸収できません。

ですからひざサポートコラーゲンのようなヒアルロン酸を含むサプリメントを摂ると、ヒアルロン酸をしっかり取り込めます。

ただし、サプリメントは栄養補助食品ですから、食事で不足する分を補うと考えて摂るようにしましょう。

サプリメントばかりをたくさん摂取するのは良くありません。