ひざサポートコラーゲンの成分、コンドロイチンの効果とは

ひざサポートコラーゲンにはコラーゲンの他にコンドロイチンという成分も含まれています。

コンドロイチンは他のメーカーのサプリメントや医薬品にも含まれていて、関節に良いものとされています。

コンドロイチンは、どんな成分でどのような効果があるのでしょう。

《コンドロイチンとは》

正式にはコンドロイチン硫酸ナトリウムと言います。

たんぱく質や脂質とくっついて骨形成を促進したり、皮膚の新陳代謝を活発にする働きがあります。

コンドロイチンがたくさんある場所は軟骨です。

皮膚や粘膜にもあるのですが、軟骨にはコンドロイチンが30%を占めていると言われています。

《コンドロイチンの働き》

コンドロイチンは軟骨に水分を運び、膝関節の軟骨の弾力性を高める働きをします。

軟骨には血管がありませんので、栄養分が血液で運ばれないのです。

その役目をコンドロイチンが行っています。

コンドロイチンは軟骨だけでなく、粘膜や臓器、皮膚などにも作用しています。

《コラーゲンと一緒に摂ると良いもの》

コンドロイチンは加齢とともに減ってきます。

こういったことから加齢と共に関節や肌に様々なトラブルが起こってくるのです。

コンドロイチンはコラーゲンなどのたんぱく質などと結合して組織を構成していますので、コラーゲンと一緒に摂ると良いものです。

ひざサポートコラーゲンには、コラーゲンペプチドも含まれていますので、このサプリメントを飲むだけでコラーゲンとコンドロイチンがしっかり摂取できるようになっています。